高次脳機能障害の対応はいったいどうしていけばいいのか

 

一般の人だと全く聞いたことないはずの「高次脳機能障害」

事故や病気などで突然その症状を伝えられてもどうしたら良いのかわからないですよね。

 

続きを読む “高次脳機能障害の対応はいったいどうしていけばいいのか”

高次脳機能障害は脳梗塞でも起こりうる

 

脳に関する問題で脳梗塞があるのは広く知られています。

しかしそれがどのような後遺症が起こるのかはあまり分からない人が多いでしょう。

それはいったい何なのかすら知らない人も多いかもしれません。

 

 

脳梗塞は脳の血管がつまる事

 

脳に関する出来事ではいろいろな症状の出来事があると思います。

「脳出血」「脳梗塞」「脳卒中」など色々な呼び方で病名が出ていますが、なかなかその違いを説明できる人はいません。

それはもちろん脳に関する疾患など普通の人なら生きている間に出会うことがないから。

しかし最近は高齢者が増えて、その生活次第では脳梗塞を起こす人が増えてきています。

 

 

脳梗塞が起こった後の後遺症はなぜバラバラ?

 

脳梗塞は脳の血管がつまること。それは脳に元々ある血液や他のモノが脳内に来たということですね。

その説明はシンプルに上記の通りなのですが、その脳梗塞から高次脳機能障害が後遺症で出ることが多いです。

症状はバラバラで、脳梗塞になったら何が起こるかわかりません。

なぜかというと、脳内のどこが詰まったのかで症状が変わるからです。

脳は場所によって別の処理機能を持っています。つまり眼の機能を持っている所が詰まると目の機能が、記憶の機能を持っている場所が詰まると記憶が低下してしまいます。

 

 

脳にはどんな機能があるのでしょうか

 

普通に生活していると脳の事は考えずに生活していますよね。

しかし脳梗塞が起こった後だと脳に関する事に関心が向くと思います。

そうすると脳がどのようなことを処理しているのかを知らなくてはなりません。

例えば手足を動かす機能。ココの機能を処理している場所を詰まらせてしまうと手足が動かなくなってしまいます。

記憶を処理している場所を詰まらせてしまうと記憶する事が出来なくなってしまう。

ものごとを考える場所が詰まると物事をかんがえられなくなってしまう。

それら生きている出来事すべてに関して詰まった場所に関連します。

 

 

脳梗塞後にできなくなった出来事を明確にする

 

まず脳梗塞の後にはできなくなる事が出てきます。

いったい何ができなくなっているのか、最初のうちはわからないかもしれません。

一見普通の状況に戻ったと思われる事もあるでしょう。しかし一緒に生活していたら以前はできていたのに詰まった後できなくなっている、そういうことが出てきます。しかし本人は普通にやっていると思っている症状もあり、それらを見て補助する周りの人が必要になってきたりします。

それらの区分けとしては「聞く」「話す」「読む」「書く」がまず最初にチェックする処です。

「聞く」
単語の理解
短文の理解
口頭命令に従う

「話す」
呼称
単語の理解
漫画の説明
動作の説明

「読む」
漢字の説明
書式命令に従う
短文の理解

「書く」
計算
短文の書き取り
仮名・単語の書き取り

これらですべてではなく、もちろん他のテストを行いますが、これらがどこまでできるようになるかなどを調べます。
それで患者の高次脳機能障害がどの部分に影響が出ているのだろうとしらべたりするのです。

脳梗塞の何がどこで発症したのか、それで何ができなくなったのか、高次脳機能障害としてどの後遺症が出たのかをまずは調べてみましょう。そしてリハビリを進めることで患者によりますが症状が回復される事もあります。

まず患者さんの回復にはリハビリを進めることをお勧めします。

 

正常圧水頭症というお年寄りによく出る脳内の症状も把握しましょ

 
正常圧水頭症とは??
これは自分も初めて聞いたのですが、その脳内の疾患のせいで生活に影響が出る、出ているという症状なんです、特にお年寄りに多いとか。なるほどなるほど。

続きを読む “正常圧水頭症というお年寄りによく出る脳内の症状も把握しましょ”

記憶力とは:(記憶障害の知っておくべきキーワード)

 
記憶力とは?世間一般的に利用されている記憶力というイメージは実は少し違う概念という事を知る必要があります。では記憶力というのはいったいどのような力を指すのでしょうか。

続きを読む “記憶力とは:(記憶障害の知っておくべきキーワード)”

記憶障害:高次脳機能障害:簡易説明

高次脳機能障害の中でまず疑われるのがこちらの記憶障害です。

記憶障害というのはまだ曖昧な定義かと思われます。記憶という事も細かく分けていくと沢山の事が詰まっているからです。

続きを読む “記憶障害:高次脳機能障害:簡易説明”

高次脳機能障害なのかしっかりと客観的に診断する

 
自分自身が高次脳機能障害なのかどうか、まずこれを知らなくてはいけません。
それを知るためにまず行うのは基準に達しているかどうかです。

はたしてどのような事柄が高次脳機能障害と診断される要因でしょうか。

続きを読む “高次脳機能障害なのかしっかりと客観的に診断する”

認知症というモノがどういう事なのかしっかりと認識しましょう。

 
認知症高次脳機能障害認知障害は違います。

これはついつい混同してしまう、されてしまっています。
なのでこれははっきりと違いを確認しておくべきでしょう。

続きを読む “認知症というモノがどういう事なのかしっかりと認識しましょう。”

高次脳機能障害 回復について

高次脳機能障害回復させるには。現在多くの人が高次脳機能障害を治すべく色々な方法を使って日々進んでいます。それは薬の内服であったり、外科手術だったり、東洋医学であったりと。みんなまず努力を惜しんでしまっては治るのも治りません。

続きを読む “高次脳機能障害 回復について”

高次脳機能障害の症状一覧

 

さて高次脳機能障害高次の脳機能の障害)で確認されている症状をあげて行きましょう。そうする事で自分の症状が高次脳機能障害かどうかを判別する事ができます。

まず高次脳機能障害という障害にどのようなのがあるのか、それをたしかめましょう。

続きを読む “高次脳機能障害の症状一覧”

見当識障害:高次脳機能障害:

見当識障害とは、今自分がいつ何処で何をどうしているのかがわからなくなってしまう障害です。同時に記憶障害が起こっている事が多いです。

何がどうしてどうなっているのか的確に判断出来ないためにその人は周りから見ると不可思議な行動を取ってしまう場合があります、そこで症状への対応はその人に自分は誰なのか、どこなのか、いつなのか、何をどうすればいいのかを一つ一つ教えていく必要があります。

続きを読む “見当識障害:高次脳機能障害:”

意欲・発動性が低下してしまう:高次脳機能障害

意欲発動性が低下してしまう。

自分自身の意志表現行動欲求が低下してしまっている状況を差します。そのため自発性が低下してしまい、自分で何かをやろうという事を考えなくなってしまう、他人からの指示等があってやっと動き出すが、放おっておくと何も出来ない、そんな状態の人です。

続きを読む “意欲・発動性が低下してしまう:高次脳機能障害”

対人技能拙劣:高次脳機能障害

対人技能拙劣とは、要するに人と人との間に作る関係やコミュニケーションが下手に、苦手になるという事。

これはまず相手の立場になってみてこうされたら嫌だという想像ができずに相手に不快感をあたえてしまい、結局いい関係を築くことができなくなってしまう。

続きを読む “対人技能拙劣:高次脳機能障害”