記憶力の持続が社会ルールの把握に

社会のルールは様々な出来事があります。それらは色々な出来事がありますよね。

簡単に言ってしまえば、それは「価値観 と 文化」。

自分達が持つ価値観が文化を作り出すんだろうなぁと僕は思います。

日本では日本の、アメリカではアメリカのルール。

日本でも西と東で社会のルールは文化として違いますよね。

もちろん自分の生まれた土地で価値観は違う、そんな感じですけど。。。

そこで!

困った事がありました、最初、高次脳機能障害になった時、

記憶ができません。これを記銘力障害といいます。

今でも似たような感じではあります。

体験した事や、頭で考えた事を覚えるのが難しくなる。思い出すのが難しくなる。

そうなると障害を負った最初の頃は、社会のルールが分からないからとっても驚きました。本当に何がなんだか分からない。

今ももちろん僕は難しい事は沢山ありますが、患者自身がやっぱり自分が住んでるところのルール、文化は押えとかないとずいぶんズレが出るという事。これは正直人間みなそうなんですけどね。

でも最低限の日本社会的ルールを覚えないといけないので、とっても記憶が大切になるんです。それらを上手く使えないからやっぱりムズイ所は沢山あります。でも最近は海外の価値観とかが日本に入ってきて日本の文化や考え方もどんどんかわるから追いつくのにも必死です。

記憶という重要な機能、社会ルールを認識してどう目の前の出来事に対処するのか。

これからも一つ一つゆっくりですが、なんとか掴んで行きます。

高次脳機能障害 記憶障害

記銘力障害 【キメイリョクショウガイ】とは
記憶障害 : 高次脳機能障害

治療 記銘力障害 どのような対処を行えば良いのか。

記銘力障害治療対処法としては、以前話した海馬をどう使っていくのかというのがポイントとなります。

まず海馬は短期記憶を入れる所、入れると一時的に記憶してくれるので、その記憶を使って目の前の出来事を処理したりします。

しかしその記銘力・一時的に記憶を保持する機能に損傷が損傷すると目の前の出来事を一分、二分で忘れてしまい、何も手につかなくなる、何も処理できなくなるとなってしまいます。これが記銘力障害。

それをどう治療していくのかといいますと、

続きを読む “治療 記銘力障害 どのような対処を行えば良いのか。”

記銘力障害の病巣、その原因はどこにあるのか

病巣、つまり記銘力障害の原因の件なのですが、
これはもう記憶をつかさどる場所、海馬にまず問題がある可能性があります。

もちろん脳内はほぼ記憶に関連した出来事を扱う所なので、
その記憶の質によって違いが出てきてしまうのですが、
まずはこの海馬という場所から疑ってみましょう。

続きを読む “記銘力障害の病巣、その原因はどこにあるのか”

記銘力障害 【キメイリョクショウガイ】とは

記銘力が正しく動かなくなった状態、つまり自分が新しい体験や出来事、知識等を覚えることができなくなってしまった状態のことを指します。

具体的にはちょっと前のことから、数秒前の出来事等まで、通常一時記憶として保持されているはずの情報でさえ覚える事ができません。

様々な障害とかぶさって出てくる障害であるが、特に記憶障害の中の一つの症状と見ていいのではないでしょうか。記憶障害にも多くの状態があるので、その中の一つとして認識しておきましょう。

続きを読む “記銘力障害 【キメイリョクショウガイ】とは”