高次脳機能障害は脳梗塞でも起こりうる

 

脳に関する問題で脳梗塞があるのは広く知られています。

しかしそれがどのような後遺症が起こるのかはあまり分からない人が多いでしょう。

それはいったい何なのかすら知らない人も多いかもしれません。

 

 

脳梗塞は脳の血管がつまる事

 

脳に関する出来事ではいろいろな症状の出来事があると思います。

「脳出血」「脳梗塞」「脳卒中」など色々な呼び方で病名が出ていますが、なかなかその違いを説明できる人はいません。

それはもちろん脳に関する疾患など普通の人なら生きている間に出会うことがないから。

しかし最近は高齢者が増えて、その生活次第では脳梗塞を起こす人が増えてきています。

 

 

脳梗塞が起こった後の後遺症はなぜバラバラ?

 

脳梗塞は脳の血管がつまること。それは脳に元々ある血液や他のモノが脳内に来たということですね。

その説明はシンプルに上記の通りなのですが、その脳梗塞から高次脳機能障害が後遺症で出ることが多いです。

症状はバラバラで、脳梗塞になったら何が起こるかわかりません。

なぜかというと、脳内のどこが詰まったのかで症状が変わるからです。

脳は場所によって別の処理機能を持っています。つまり眼の機能を持っている所が詰まると目の機能が、記憶の機能を持っている場所が詰まると記憶が低下してしまいます。

 

 

脳にはどんな機能があるのでしょうか

 

普通に生活していると脳の事は考えずに生活していますよね。

しかし脳梗塞が起こった後だと脳に関する事に関心が向くと思います。

そうすると脳がどのようなことを処理しているのかを知らなくてはなりません。

例えば手足を動かす機能。ココの機能を処理している場所を詰まらせてしまうと手足が動かなくなってしまいます。

記憶を処理している場所を詰まらせてしまうと記憶する事が出来なくなってしまう。

ものごとを考える場所が詰まると物事をかんがえられなくなってしまう。

それら生きている出来事すべてに関して詰まった場所に関連します。

 

 

脳梗塞後にできなくなった出来事を明確にする

 

まず脳梗塞の後にはできなくなる事が出てきます。

いったい何ができなくなっているのか、最初のうちはわからないかもしれません。

一見普通の状況に戻ったと思われる事もあるでしょう。しかし一緒に生活していたら以前はできていたのに詰まった後できなくなっている、そういうことが出てきます。しかし本人は普通にやっていると思っている症状もあり、それらを見て補助する周りの人が必要になってきたりします。

それらの区分けとしては「聞く」「話す」「読む」「書く」がまず最初にチェックする処です。

「聞く」
単語の理解
短文の理解
口頭命令に従う

「話す」
呼称
単語の理解
漫画の説明
動作の説明

「読む」
漢字の説明
書式命令に従う
短文の理解

「書く」
計算
短文の書き取り
仮名・単語の書き取り

これらですべてではなく、もちろん他のテストを行いますが、これらがどこまでできるようになるかなどを調べます。
それで患者の高次脳機能障害がどの部分に影響が出ているのだろうとしらべたりするのです。

脳梗塞の何がどこで発症したのか、それで何ができなくなったのか、高次脳機能障害としてどの後遺症が出たのかをまずは調べてみましょう。そしてリハビリを進めることで患者によりますが症状が回復される事もあります。

まず患者さんの回復にはリハビリを進めることをお勧めします。