認知症患者の人口

認知症患者全国推定患者数462万人というのが2013年の統計として今現在でています。これは高齢者65歳以上の4人に1人が「予備軍」含めた認知症患者というだと厚生省からの発表となります。

認知症として診断されている方々を年代別にみますと、74歳までは10%以下という数字ですが、85歳以上で40%を超えているのが現状となっております。また、ほとんどの年代でなぜか女性の方が有病率が高かったとの統計が出ています。
この数字は予備軍を含む数字となりますので、まだまだ軽い症状の方もいらっしゃるとの事ですが、甘くは見ていられません。今現在65歳以上の高齢者は12年の調査で3079万人となっています。今後高齢者が増えていきますので、自然有病率は右肩上がりに上っていくでしょう。

レベルにも幾つか差があり、日常生活に支障をきたすが、周りからのフォローがあれば生活出来るという方の65歳以上人口に対する比率は、数年前2010年の9.5%に対して2025年には12.8%に拡大するとの見方となっています。