ルーラン 高次脳機能障害に利用される薬

kusuri_101lルーランは抗精神病薬として利用されているお薬であります、やはり精神病は脳内での出来事ですので抗精神病薬とは切り離せません。その中で利用されているこのルーランの特徴を上げていってみましょう。

まず特徴としては「鎮静作用が少ない」というのが上げられます。感情のアップダウンがおかしい場合まず穏やかにするべくこの薬を利用しているお医者さんもいらっしゃるとか。しかし強くすぐ結果が出るというわけではないので、ゆっくりとした利用に適しているでしょう。

またルーランはあまり強く作用が出ない分、副作用もさほど強くありません。勿論まったくないとは言いませんがその他利用されている薬に比べれば穏やであり、長期的に利用する事が可能です。

特にこのルーランもそうですが、統合失調症に良く利用されています。統合失調症にも様々な症状があるため、やはりこの薬も躁状態やうつ状態を抑え、安定させるために利用されているという感じです。

高次脳機能障害では確かに精神の病気とは意味合いがずれるのですが、この薬を利用して最初の自分の状態を知る為の安定剤として利用されていると考えてもいいでしょう。

>>高次脳機能障害に使われているくすり。

>>高次脳機能障害で出てくる症状

この薬の詳しくはこちら→

>>高次脳機能障害 処方薬 記事一覧