ヒルナミン:レボメプロマジン 高次脳機能障害に利用されている薬

kusuri_101lヒルナミンという名前で一般的には知られているお薬です。このお薬は鎮静作用が強く、他の抗精神病薬と同じく脳内の混乱を避けるために利用されているそうです。精神状態を安定に持っていく為に利用するお薬ですね。

しかし人によっては副作用も強く、鎮静作用が強い分眠気も強くでるというお話もあります。それゆえ自分自身で行う判断力も低下してしまったり、倦怠感が体を襲ったりと、利用する上で強い作用のある薬だという事を考慮しましょう。

あとすこし変わった注意点として直射日光をできるだけ避けましょうという点です、これは自分の生活リズム状外に出るのが多い方は十分考慮しないといけませんね。

その他の副作用が出てしまう事もありますが、やはり患者さんの体質と合う合わないがありますので服用を開始した後にさらに違和感を感じたらすぐにお医者さんに相談しましょう。

また利用方法の一つとしてこちらの薬は寝付きを良くするという効果もありますので導眠の方法として利用される場合もあります。しかしそうすると深く寝られる分朝に影響が出てしまう可能性がありますので用法、用量は正しく確認して利用しましょう。

その他統合失調症等にも利用されているお薬で、効果は強くでると言われています。なのでその分利用する側はしっかりと注意してお医者さんと相談の上利用しましょう。

>>高次脳機能障害に使われているくすり。

>>高次脳機能障害で出てくる症状

さらに詳しくはこちらへ→

>>高次脳機能障害 処方薬 記事一覧