セロクエル: クエチアピン、高次脳機能障害にも利用される薬

kusuri_101l
結構一般的にはセロクエルという名前で通っている事が多いコチラの薬、抗精神病薬として処方されている場合がありますが、これも高次脳機能障害への対応に利用されています。

セロクエルは通常「統合失調症」に利用されるケースが多いのですが、その効果の一部を利用して高次脳機能障害の抑えにも利用されています。それはやはり精神安定という部分で利用されており、自分の脳内がまとまらずアレコレと混乱に陥っている時に利用されております。脳内物質であるドーパミンとセロトニンという神経伝達物質をおさえてバランスを取る感じですね。

しかし、こちらは意外と飲み合わせを合わすのが個人、患者さんによって難しい時があり、合わない場合は多くの副作用が出るようです。もしこの薬を飲んで副作用が出た場合はお医者さんに相談しましょう。もちろん少量からの服用を始めますが、順調に慣れるかどうかは誰にもわかりません。

服用が進み、効果が出てきた場合、今度は肝臓への負担を気にしないとならないようです。結構負担があり、また他の薬と同時に服用している場合はさらに注意が必要ですね。それはお医者さん、薬剤師さんと細かく調整しましょう。

>>高次脳機能障害に使われているくすり。

>>高次脳機能障害で出てくる症状

さらに細かい説明はコチラへ→

>>高次脳機能障害 処方薬 記事一覧