そしてこれが重要のうちの重要「しっかりと寝ること!」

ただし!ただ寝るのではなくて、動いた後ちゃんと寝るのです!
そうこの寝るって所の重要さをしっかりと抑えなくてはいけません。

人は体を動かした後は自然に脳を使っています、自然に頭を使っています。そうすると今度は疲労感がでてきますよね。これも大事。体がちゃんと休もうって言っているのですから。

そこでおすすめするのが「昼寝!

そう真昼間に寝るのです。正しくは寝ると更にいろいろな事が改善されていくでしょう。そこで再度注意ですが、ちゃんと動いて頭使ってから寝るんです。

人間なぜ寝るのかというのはモチロン体の休息を取るのもそうですが、頭の中の情報を自動的に整理してくれるからです。人間の脳は起きている時に得た記憶や情報を寝ている時に整理して自分で最適化してくれます。そう自分が動く時にどうすればいいのかとかを勝手に考えて再構築してくれるのです。

それが浅い眠りの場合になると映像として出てくる場合があります。それを夢というのです。脳が勝手にアレコレしているのを頭の中で見ることができるんですね。夢って結構支離滅裂じゃないですか、それって脳が勝手に「ああすればいいのかな、こうすればいいのかな」と頭の中を作り替えているからなんですって。面白いですね。

体を動かすと頭が動くようになって、ちょいと疲れて寝るとそこで得た情報が最適に有効化してくれるんですよ、人間不思議な作りになってますね。それでまず一つ一つ動く事で自分の障害といわれるのを消して行きましょう。

  • 高次脳機能障害 リハビリ方法