酒とたばこ、コレは絶対だめ。

もうすでに実践されている方はいらっしゃると思いますが、タバコは確かにある程度節度を保てば精神的にはいいかも知れません、が!そんな事を言っている暇が高次脳機能障害を持つ人には無いですーーー。

いやもちろん個人の判断にもよるのですが、

酒タバコはすでに医学的には体にあんまよくないモノだというのになってますよね。これは皆様周知の事実だと思われます、だって喫煙所という場所が各地に設けられていて、「タバコ吸う人はココで吸ってね」と隔離されてますからね。

だから自分の症状を悪くしないためにこれはやめたほうがいいでしょう。いややめましょう、もしすってる人は。

んでお酒。お酒に関しては多くの人が飲んでますし、適度であればリラックス出来るという事で皆様の生活に溶け込んでいます。だ・け・ど!脳に関してはやはりあんまりよろしくないと言うのは明白の事実。実際普通の人が飲み過ぎて自我が保てない状況になったり寝てしまったりするのは脳へ負担がかかっている証拠。負担をかけてしまってるとモチロン悪くなる一方です。

だから!まずタバコとお酒。これ飲んだり吸ったりしている人は自分の判断でまずは少なくしましょう、そしてできれば最終的にやめましょう。良いことないです。悪くしてどうするのですか、改善には改善を重ねていくしかないっす。

  • 高次脳機能障害 症状