高次脳機能障害 診断基準

高次脳機能障害診断基準としては

高次脳機能障害診断基準
厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部
国立障害者リハビリテーションセンター

という所が現在制定しています。ですがこれも今後の研究の結果、治療の改善をもとに変化していくという事ですので、あくまで現時点での様子という事でしかありません。

しかしながら初めて高次脳機能障害とか言われてしまった人からしたら何を持って「高次脳機能障害」となるのかを知りたいですよね。だから以下を抜粋して掲載します。

診断基準
Ⅰ.主要症状等
1.脳の器質的病変の原因となる事故による受傷や疾病の発症の事実が確認されている。
2.現在、日常生活または社会生活に制約があり、その主たる原因が記憶障害注意障害遂行機能障害社会的行動障害などの認知障害である。

Ⅱ.検査所見
 MRI、CT、脳波などにより認知障害の原因と考えられる脳の器質的病変の存在が確認されているか、あるいは診断書により脳の器質的病変が存在したと確認できる。

Ⅲ.除外項目
1. 脳の器質的病変に基づく認知障害のうち、身体障害として認定可能である症状を有するが上記主要症状(I-2)を欠く者は除外する。
2.診断にあたり、受傷または発症以前から有する症状と検査所見は除外する。
3.先天性疾患、周産期における脳損傷、発達障害、進行性疾患を原因とする者は除外する。

Ⅳ.診断
1.Ⅰ〜Ⅲをすべて満たした場合に高次脳機能障害と診断する。
2.高次脳機能障害の診断は脳の器質的病変の原因となった外傷や疾病の急性期症状を脱した後において行う。
3.神経心理学的検査の所見を参考にすることができる。
・・・高次脳機能障害 診断基準を読む(PDFだからダウンロードに時間かかるかも)

高次脳機能障害という言葉の中に多くの症状が含まれている事から一言で言い表すことはとても難しいです。今後更に細分化して定義が明確になっていくでしょう。ですけどあまりにも大まかで曖昧な意味の言葉としてこれを置く事は一つの分野としての場所ができると考えてもいいかも知れません。

とにかく現状制定されている診断基準はガイドライン上以上のようになっております。