対人技能拙劣:高次脳機能障害

対人技能拙劣とは、要するに人と人との間に作る関係やコミュニケーションが下手に、苦手になるという事。

これはまず相手の立場になってみてこうされたら嫌だという想像ができずに相手に不快感をあたえてしまい、結局いい関係を築くことができなくなってしまう。

だから相手の事を思いやり、どうすれば良いのかと的確な判断が出来る状態に持っていく事が必要で、特に一方的な言動や行動を起こしてしまう事には注意する必要がある。

>>高次脳機能障害 症状に戻る

  • 高次脳機能障害 症状