観念失行:高次脳機能障害

観念失行とは、目の前にあるスプーンの名前は言える、使い方も説明できる。だけど使うことができない状況をいいます。

やろうとする事を行動に移すことが出来ないのです。道具を用いて何かする際に起こったりするので脳に意味的な情報と体を動かす行動的な情報がうまくマッチングしていない状況ですね。

>>高次脳機能障害で起こりうる症状に戻る

>>高次脳機能障害 症状に戻る