地誌的障害:高次脳機能障害

地誌的障害とは、いわゆる方向音痴がさらに激しくわからなくなってしまった状況です。例えてみますと自分が使っていた駅から自分の家に帰ることができなくなってしまっていたり、何度も使っていたはずの道順やその場所がどうなっているのか、何になっているのかわからなくなってしまっている、そうなってしまっている症状を言います。

細かく言うと道順障害街並失認が単体、あるいは複合的に起こっている状況です。

道順障害とは
道順障害の特徴としては、例えば目の前にある建物が何であるか、これはわかるのですが、ではこれを左右どこへいけば自分の行きたい目的地にたどり着く事ができるかわからないという状況です。目の前のビルはわかるけど、それを何処に進めば何処へいけるのかわからないって状態ですね。

街並失認とは
自分が良く知っているはずの町並みがまるで初めて見たような感覚に陥る事をいいます。頭の中ではどのビルをどうまがればそこに行けるという事がわかっていながらそのビルが目の前に見えていてもいったいどれなのかわからないという状態です。そのせいで道に迷ってしまうんですね。

どれも頭の中で情報と情報が的確に結びついてないために起こる状況を言います。どこで何をどうすればいいのか全くわかりません。私も最初はココはどこなのか、何をどう進めば何処へ行けるのかわからずものすごく困っていました。一つ一つを繋げて全体図を作ることが出来ず、よく来ているはずなのに未だにどう進めばいいかわからない、忘れてしまうというのがまだあります。

>>高次脳機能障害で起こりうる症状に戻る

>>高次脳機能障害 症状に戻る