人間おいしいの食べると良いって言いますよねッ

まず人間は食べないと生きられません。
口から栄養を取らないといけないんです。(とりすぎ注意!)

食事をする事、楽しむ事でやっぱり活性化されていきます⇒自分が!

何も食べれない、、、拒食症、出ない限り皆様毎日御飯を頂いていると思います。お腹すくのでついつい口に食べ物を運んでいると思います。自分も今バナナを食べながらこれを書いてます。

人は食べれなくなると死んでしまいますので脳は食べる際に快感物質を出しているそうです。なので食べる事で頭が活性化しているのは確実なんですよね。そしてそれを利用して自分の好きなモノを食べたり、自分が苦手な物がなぜ苦手なのか考えたりして食事をする事自体を楽しむようにしていきます。

そうちょっとちょっと楽しみながら考えて行くだけです、あれうまいな、これうまいなでOK.そうすると今度はどうしようかな、何食べようかな、何処に行こうかな、というのが生まれてきます。それがまた大切な一歩です。

自発的に考えて動く事が出来るようになる、これは人間が基本的に持っている三大欲の一つを上手に使って、自分を動かして、考えさせるようになる。自分の中にある遂行機能力を上げるポイントにもなります。

単純にアレコレ食べるから段々とどう食べるか、ちょっとグルメになって何処にいって何を買って、どう食べるのかを考えていくんです。

それが自分の高次脳機能障害を少し少し良くしていくきっかけになります。なんでもたべりゃぁいいって訳ではなくて、まずはできなくても段々と何をどう食べるのか、なぜ食べるのかを考えましょう。それがまた一つ一歩進めるきっかけになります。

  • 高次脳機能障害 リハビリ方法