若年性認知症の原因と改善するには

■若年性認知症

最近マスコミ・TVで取り上げられるようになっており、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

これは64歳以下の患者で認知症と同じ、またはにている症状を持つ患者さんの症状です。

 

 

認知症は周りのことを把握できなくなる

 

若年性とは言っても64歳以下という事になっています。

イメージ的には60歳以上であればすでに老人では?と思う方もいらっしゃいますが、すでに80歳が普通の時代になっています。

それゆえ以前は老人と言われていた年齢である60歳は若いともとらえられますね。

その中で周りの出来事を捉えられない人が増えているという事です。

周りの出来事というのは社会の中に存在するルールのことです。

人と生活習慣が乖離してしまっている状況、いわゆる自分ルールが激しい状況になっている事だと認識してもらっていいでしょう。

それは日本が個人社会となって隣の人や自分の仲間を持たなくなってきていて、それで起こっている状況でもあります。

つながりがあり、そのグループの中で無言ルールが存在するでしょう、それらが把握できてない状況が認知症と言われています。

 

 

認知症の原因はその人の生き方に左右される

 

認知症はどれだけ一般的なグループに参加しているのかで発症が異なると思います。

同じルールを持つ人の生き方を見て、自分も体験することで人としての常識といえるルールを把握する事ができるからです。

なのでその人が人とのつながりを拒否し、ネットやゲームばっかりしていると、どんどん偏った情報が自分の中に入ってきて、その入った情報で自分自身を構築しますから、それが若年性認知症とつながります。

どのような形でも良いので、人とつながりを持たないと今だれでも認知症となる危険があります。

 

 

そのまますべてがわからない老人へいくのか

 

人とのつながりを拒否し、孤独を選んだときはその人は交流する人がいないので外で起こっている出来事がTVやネットというマスメディアからしか得ることができず、それがすべてとなります。

人間は自分でやっている事は普通だと思って生きています。自分の積み重ねてきた事なのでそれに基本的な疑問をもちません。

しかし、今の世の中人と関わる事が極端に少なくなっており、「リアルで会う人は数えたら一年で数人しかない」という人もいらっしゃいます。そういう方は若年性認知症となる恐れが高いです。

なぜなら文字などでのやり取りは「自分解釈」でしかないから。

書いた人が思っている人と読んでいる人との解釈は異なるという事を自覚しましょう。

そのまま時間が経過していくと人間と老いていき、さらに周りとのつながりを失い、一般的な事もわからなくなって来る。

人と会わずに孤独のままに過ごしていくと何もリアルで知らない人間になるので気を付けましょう。

 

行動が自分を変えるから症状を改善する

 

若年性認知症という症状はまだ若いという利点があります。

それが歳を追うごとに難しくなるのは明白でしょう。

まず必要なのは行動に変化を起こし、だれの中で自分を生かすか、ほかの人が何を考えていて、一般的常識よばれるのが何なのかを知り、それに沿って自分を動かしたとき、若年性認知症は改善します。

だから現状環境に変化を与える事で改善されます。

これは外的要因なので自分の周りにある環境、常識、ルールの見直しを図ると若年性認知症は改善します。

注意すべき点として、自分ではなく外からのルール付けをされた時、その若年性認知症となった人は納得できない事があります。

それは認知症という訳ではない場合があります。認知症というのを明確に説明できる人が行わないといろいろなズレが生じてしまいます。

どの人と同じ情報を常識を得るのかで人生ルールは変わってきます。

リアルで交流が少ない人からルール付けされるとその人の持っている常識を持つことになりますし、人と交流が多い人からルール付けされるとその人交流が多い常識を得る事ができます。

認知症とは文字通り何をどう見ているか、認知しているかという事で、客観的ルールを常識をどう持つのか、そこの違いに気を付けましょう。

若年性認知症は今の世の中はマスコミやネットから引っ張ってきた情報であふれています。

人と会わない、共通体験をせずに得た文字の認識は下手に取り違えると、認知のズレになります。

若い方はリアルで行動することが減ってきているというお話も聞きます。

それで一般の人と言われる大多数が持つ共通認識を取り入れる事が出来てない場合は気おつけましょう。

若年性認知症の入り口になってしまいます。

 

記銘力障害のリハビリはいったい何をすればいいか

障害というのはリハビリが必要となります、それはどの障害についても言える事でしょう。

高次脳機能障害で記銘力障害ではいったい何をするのか、それを洗い出してみましょう。

まずは記銘力がどうやって使われているか知る必要があります。

 

 

記銘力とは記憶を脳に書き入れる能力

 

記憶には大まかに2種類の記憶が存在します。

長期に保持する記憶と、短期に保持する記憶。

その中で短期記憶から長期記憶へ記憶を移行する時にどうやったらいいのか、なかなか難しいですよね。記憶力が普通の人でもそう簡単に覚えられる物ではありません。

ではその短期記憶をどうしたら長期記憶に変化させるといいでしょうか。

 

記銘力がなくなると物が覚えられない

 

高次脳機能障害では記憶関連の障害が残る事が多いです。

モノを理解するけど時間が少し経過するだけで忘れてしまう、それは一般の障害がない人でもあると思いますが、記銘力障害となるとその度合いが激しくなります。

物事を覚えられないと言う事は、同じ話を繰り返すという行動にもつながります。

同じ出来事を友達に話したり、同じ出来事を何回も繰り返す。

これは本人は悪気は全くないのですが、周りの一般の人から見ると一般の人が持つ記憶力では見飽きてしまうぐらい同じ事の繰り返しです。

覚えられないという事は社会の輪の中で不要な評価を受けてしまいます。

 

障害の程度で患者の記憶力が変わる

 

記銘力障害と言ってもその高次脳機能障害の程度によって違ってきます。

記憶力がかなり悪くなってしまった人だと記銘力がかなり落ちてしまっています。

しかし、障害があるにはあるけど、そこまで悪くないという人もいます。

また、以前は悪かったけどリハビリを重ねて改善してきたという人もいます。

一番目指すはこのリハビリで覚えられなかった事を改善するということ。

それを使って、どうにかしていきましょう。

 

記銘力を上手に鍛えて記憶力をUPさせましょう

 

まず一番必要なのは 「回数」 です。

忘れている出来事などは回数を重ねる事でだんだんと最適化していきます。

これは動物なので一回やれば回復するというものではありません。

そして以外ですが、一回リハビリを行う時間の長さではない事に注意しましょう。

一つの刺激を弱い刺激からでも最初はいいので、回数を重ねていきます。

それはいわゆる筋トレと変わらないと思ってください。

記憶を思い出すには回数を重ねます。

そしてさらにポイントは「思いだす」という事です。

「覚える」ではなく「思い出す」それは忘れないでくださいw

一つの例ですが道に例えると、道を覚えるのではなくて、その道を「思い出す」その思い出す回数を増やしましょう。

最初は難しいかもしれません、しかし思い出す回数を重ねて行けば、その結果として「覚えた状態」になります。

記銘力リハビリは思い出す回数を筋トレのごとく重ねたら身に付きますので、人間も一つの動物と認識して、思い出す回数を重ねることで思い出す能力をつけましょう。

 

 

高次脳機能障害の対応はいったいどうしていけばいいのか

 

一般の人だと全く聞いたことないはずの「高次脳機能障害」

事故や病気などで突然その症状を伝えられてもどうしたら良いのかわからないですよね。

 

続きを読む “高次脳機能障害の対応はいったいどうしていけばいいのか”

高次脳機能障害に活用する道具として「手帳」をオススメ

 

手帳と言っても様々な使い方があります、それを上手に使っていくとどうしていいのかわからない人にはとってもありがたいです。

文字をちゃんと認識できるという日本人はとても便利な教育を受けていますので、それを活用するにはまずは文字を使った方法から。

 

続きを読む “高次脳機能障害に活用する道具として「手帳」をオススメ”

高次脳機能障害は脳梗塞でも起こりうる

 

脳に関する問題で脳梗塞があるのは広く知られています。

しかしそれがどのような後遺症が起こるのかはあまり分からない人が多いでしょう。

それはいったい何なのかすら知らない人も多いかもしれません。

 

 

脳梗塞は脳の血管がつまる事

 

脳に関する出来事ではいろいろな症状の出来事があると思います。

「脳出血」「脳梗塞」「脳卒中」など色々な呼び方で病名が出ていますが、なかなかその違いを説明できる人はいません。

それはもちろん脳に関する疾患など普通の人なら生きている間に出会うことがないから。

しかし最近は高齢者が増えて、その生活次第では脳梗塞を起こす人が増えてきています。

 

 

脳梗塞が起こった後の後遺症はなぜバラバラ?

 

脳梗塞は脳の血管がつまること。それは脳に元々ある血液や他のモノが脳内に来たということですね。

その説明はシンプルに上記の通りなのですが、その脳梗塞から高次脳機能障害が後遺症で出ることが多いです。

症状はバラバラで、脳梗塞になったら何が起こるかわかりません。

なぜかというと、脳内のどこが詰まったのかで症状が変わるからです。

脳は場所によって別の処理機能を持っています。つまり眼の機能を持っている所が詰まると目の機能が、記憶の機能を持っている場所が詰まると記憶が低下してしまいます。

 

 

脳にはどんな機能があるのでしょうか

 

普通に生活していると脳の事は考えずに生活していますよね。

しかし脳梗塞が起こった後だと脳に関する事に関心が向くと思います。

そうすると脳がどのようなことを処理しているのかを知らなくてはなりません。

例えば手足を動かす機能。ココの機能を処理している場所を詰まらせてしまうと手足が動かなくなってしまいます。

記憶を処理している場所を詰まらせてしまうと記憶する事が出来なくなってしまう。

ものごとを考える場所が詰まると物事をかんがえられなくなってしまう。

それら生きている出来事すべてに関して詰まった場所に関連します。

 

 

脳梗塞後にできなくなった出来事を明確にする

 

まず脳梗塞の後にはできなくなる事が出てきます。

いったい何ができなくなっているのか、最初のうちはわからないかもしれません。

一見普通の状況に戻ったと思われる事もあるでしょう。しかし一緒に生活していたら以前はできていたのに詰まった後できなくなっている、そういうことが出てきます。しかし本人は普通にやっていると思っている症状もあり、それらを見て補助する周りの人が必要になってきたりします。

それらの区分けとしては「聞く」「話す」「読む」「書く」がまず最初にチェックする処です。

「聞く」
単語の理解
短文の理解
口頭命令に従う

「話す」
呼称
単語の理解
漫画の説明
動作の説明

「読む」
漢字の説明
書式命令に従う
短文の理解

「書く」
計算
短文の書き取り
仮名・単語の書き取り

これらですべてではなく、もちろん他のテストを行いますが、これらがどこまでできるようになるかなどを調べます。
それで患者の高次脳機能障害がどの部分に影響が出ているのだろうとしらべたりするのです。

脳梗塞の何がどこで発症したのか、それで何ができなくなったのか、高次脳機能障害としてどの後遺症が出たのかをまずは調べてみましょう。そしてリハビリを進めることで患者によりますが症状が回復される事もあります。

まず患者さんの回復にはリハビリを進めることをお勧めします。

 

高次脳機能障害のリハビリはいったいどうしたらいいのか

高次脳機能障害をどう治せばいいのか。

これは一つ一つの症状が深く区分けされているのでそれらをたどっていかないといけません。

そしてそれはどこでリハビリするのかも。。。

 

続きを読む “高次脳機能障害のリハビリはいったいどうしたらいいのか”

高次脳機能障害とはどうしたらわかりやすいのか

 

高次脳機能障害と初めて聞いた時、

「なんだそれは?」と思った人が多いのではないでしょうか。

障害って事はわかるけど、高次脳機能っていったい何??

そう思われている人も沢山いらっしゃると思います。

それをどうにか簡単に説明してみましょう。

 

続きを読む “高次脳機能障害とはどうしたらわかりやすいのか”

平行複数作業の難しさをどう対処していくか

同時並行作業と記憶の重大さ

 

記憶障害を持つ方であれば良くわかると思いますが、
記憶障害があることであれもこれもと同時並行作業が難しい事があります。

複数記憶の保持が難しいのがもちろん原因ですね。

もともと男性は記憶の複数所持が苦手だともいわれますが、

続きを読む “平行複数作業の難しさをどう対処していくか”

脳を活かすにはどうしたらいいのか?

脳のリハビリはいったい何か

 

いったいリハビリとは何をすればいいのかと悩んでいる人も多いと思います。

それを掘り下げると自分が求めているモノに届かない、そう思っている人も多いと思います。

しかし、注意しないといけないのは、「周りの人はそう思っているけど、患者本人はそう思っていない・考えが回っていない」という事実も場合によってはあります。

それはどうしてか、患者が現状で満足している状況があるから、現状がどういう状況なのかわからないという事が存在します。

ではリハビリとは何か、それは患者自身が求める状況に持って行く必要を、その環境を作る事の重要性も存在します。

続きを読む “脳を活かすにはどうしたらいいのか?”

記憶障害のリハビリに、認知症の治療法が参考になる

色々な出来事を把握するにはどうしても記憶が必要になります。

しかし、高次脳機能障害の治療の中で記憶疾患をピンポイントに治療するというのはまだまだ治療方法は足りないと思います。

それは高次脳機能障害が様々な症状と重なって出るから。

そこで認知症の治療方法からヒントをえて進めるのも一つの手段だと思います。

まず認知症についてはかなり前から治療方法が研究されています。
研究の中で記憶にもちろん記憶の部分や、
記憶と関連する行動がどうやれば改善して行けるのかをもちろん研究されています。

だからそれをまず洗い出してみましょう。

そう認知症の症状は一つでは無いんです。

記憶の症状改善は認知症の治療でも勉強になる

認知症は、生きている上で必要な認知機能が障害等で困難になり、社会生活、そのルールをしっかりと把握できずにいる病気を総称したものです。

代表的な疾患としてよく言われるのがアルツハイマー型認知症ですが、他にもさまざまな種類の症状がありなかなか知られていません。

しかし、それらの症状情報は脳に関わる事なのでおさえる必要があると思います。

それが以下の症状です。

高次脳機能障害の不安定な意識

昔は高次脳機能障害という言葉はありませんでした。
よく聞くかもしれません、頭を強く打って頭を打ってボケた。

これは昔から言われていた言葉で、子供の頃からよく聞く言葉ですよね。
それが高次脳機能障害です。

ある程度の把握や意識は普通に出来るのに、小さな記憶やもの事を進めようとするとなぜか出来ない。
それらがなぜそうなるか自分でも分からないし、周りの人も頭を打った後にその症状が出るので驚く。

そこは恐らく頭を強く打つことで、脳内に小さな傷が出来て、それがスタートで上手く頭が動かなくなります。
本人は特に普通に過ごしているつもりなんですが、周りから見ると自分の感覚と大きくずれているので、ぼけているという事になってしまいます。

でも頭への何かしら強い傷や衝撃が脳へ傷をつけたのがスタート地点だとすると、それは普通の人が認識している「ぼけ」ではなくて、高次脳機能障害だという可能性が高いです。

つまり、

それは正しいリハビリや治療で治るという事です。
もちろん難しい形の傷も沢山あると思います。
でも可能性が無いわけではないという事を患者自身の意識の中で持つ事が大切だと僕は思います。

「正しく治す方法を取る」
それらを自分の症状を把握して進めて見ましょう。

高次脳機能障害 症状
高次脳機能障害 疑問と心配
仕事においての疑問と心配
高次脳機能障害 診断基準

高次脳機能障害 疑問と心配

大手Q&Aサイト内に沢山高次脳機能障害に関する疑問や心配の声が上がっています。
その声を分類分けしてみました、どれも大変勉強になりますので一度御覧ください。