若年性認知症の原因と改善するには

■若年性認知症

最近マスコミ・TVで取り上げられるようになっており、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

これは64歳以下の患者で認知症と同じ、またはにている症状を持つ患者さんの症状です。

 

 

認知症は周りのことを把握できなくなる

 

若年性とは言っても64歳以下という事になっています。

イメージ的には60歳以上であればすでに老人では?と思う方もいらっしゃいますが、すでに80歳が普通の時代になっています。

それゆえ以前は老人と言われていた年齢である60歳は若いともとらえられますね。

その中で周りの出来事を捉えられない人が増えているという事です。

周りの出来事というのは社会の中に存在するルールのことです。

人と生活習慣が乖離してしまっている状況、いわゆる自分ルールが激しい状況になっている事だと認識してもらっていいでしょう。

それは日本が個人社会となって隣の人や自分の仲間を持たなくなってきていて、それで起こっている状況でもあります。

つながりがあり、そのグループの中で無言ルールが存在するでしょう、それらが把握できてない状況が認知症と言われています。

 

 

認知症の原因はその人の生き方に左右される

 

認知症はどれだけ一般的なグループに参加しているのかで発症が異なると思います。

同じルールを持つ人の生き方を見て、自分も体験することで人としての常識といえるルールを把握する事ができるからです。

なのでその人が人とのつながりを拒否し、ネットやゲームばっかりしていると、どんどん偏った情報が自分の中に入ってきて、その入った情報で自分自身を構築しますから、それが若年性認知症とつながります。

どのような形でも良いので、人とつながりを持たないと今だれでも認知症となる危険があります。

 

 

そのまますべてがわからない老人へいくのか

 

人とのつながりを拒否し、孤独を選んだときはその人は交流する人がいないので外で起こっている出来事がTVやネットというマスメディアからしか得ることができず、それがすべてとなります。

人間は自分でやっている事は普通だと思って生きています。自分の積み重ねてきた事なのでそれに基本的な疑問をもちません。

しかし、今の世の中人と関わる事が極端に少なくなっており、「リアルで会う人は数えたら一年で数人しかない」という人もいらっしゃいます。そういう方は若年性認知症となる恐れが高いです。

なぜなら文字などでのやり取りは「自分解釈」でしかないから。

書いた人が思っている人と読んでいる人との解釈は異なるという事を自覚しましょう。

そのまま時間が経過していくと人間と老いていき、さらに周りとのつながりを失い、一般的な事もわからなくなって来る。

人と会わずに孤独のままに過ごしていくと何もリアルで知らない人間になるので気を付けましょう。

 

行動が自分を変えるから症状を改善する

 

若年性認知症という症状はまだ若いという利点があります。

それが歳を追うごとに難しくなるのは明白でしょう。

まず必要なのは行動に変化を起こし、だれの中で自分を生かすか、ほかの人が何を考えていて、一般的常識よばれるのが何なのかを知り、それに沿って自分を動かしたとき、若年性認知症は改善します。

だから現状環境に変化を与える事で改善されます。

これは外的要因なので自分の周りにある環境、常識、ルールの見直しを図ると若年性認知症は改善します。

注意すべき点として、自分ではなく外からのルール付けをされた時、その若年性認知症となった人は納得できない事があります。

それは認知症という訳ではない場合があります。認知症というのを明確に説明できる人が行わないといろいろなズレが生じてしまいます。

どの人と同じ情報を常識を得るのかで人生ルールは変わってきます。

リアルで交流が少ない人からルール付けされるとその人の持っている常識を持つことになりますし、人と交流が多い人からルール付けされるとその人交流が多い常識を得る事ができます。

認知症とは文字通り何をどう見ているか、認知しているかという事で、客観的ルールを常識をどう持つのか、そこの違いに気を付けましょう。

若年性認知症は今の世の中はマスコミやネットから引っ張ってきた情報であふれています。

人と会わない、共通体験をせずに得た文字の認識は下手に取り違えると、認知のズレになります。

若い方はリアルで行動することが減ってきているというお話も聞きます。

それで一般の人と言われる大多数が持つ共通認識を取り入れる事が出来てない場合は気おつけましょう。

若年性認知症の入り口になってしまいます。

 

高次脳機能障害の対応はいったいどうしていけばいいのか

 

一般の人だと全く聞いたことないはずの「高次脳機能障害」

事故や病気などで突然その症状を伝えられてもどうしたら良いのかわからないですよね。

 

続きを読む “高次脳機能障害の対応はいったいどうしていけばいいのか”

高次脳機能障害に活用する道具として「手帳」をオススメ

 

手帳と言っても様々な使い方があります、それを上手に使っていくとどうしていいのかわからない人にはとってもありがたいです。

文字をちゃんと認識できるという日本人はとても便利な教育を受けていますので、それを活用するにはまずは文字を使った方法から。

 

続きを読む “高次脳機能障害に活用する道具として「手帳」をオススメ”

高次脳機能障害は脳梗塞でも起こりうる

 

脳に関する問題で脳梗塞があるのは広く知られています。

しかしそれがどのような後遺症が起こるのかはあまり分からない人が多いでしょう。

それはいったい何なのかすら知らない人も多いかもしれません。

 

 

脳梗塞は脳の血管がつまる事

 

脳に関する出来事ではいろいろな症状の出来事があると思います。

「脳出血」「脳梗塞」「脳卒中」など色々な呼び方で病名が出ていますが、なかなかその違いを説明できる人はいません。

それはもちろん脳に関する疾患など普通の人なら生きている間に出会うことがないから。

しかし最近は高齢者が増えて、その生活次第では脳梗塞を起こす人が増えてきています。

 

 

脳梗塞が起こった後の後遺症はなぜバラバラ?

 

脳梗塞は脳の血管がつまること。それは脳に元々ある血液や他のモノが脳内に来たということですね。

その説明はシンプルに上記の通りなのですが、その脳梗塞から高次脳機能障害が後遺症で出ることが多いです。

症状はバラバラで、脳梗塞になったら何が起こるかわかりません。

なぜかというと、脳内のどこが詰まったのかで症状が変わるからです。

脳は場所によって別の処理機能を持っています。つまり眼の機能を持っている所が詰まると目の機能が、記憶の機能を持っている場所が詰まると記憶が低下してしまいます。

 

 

脳にはどんな機能があるのでしょうか

 

普通に生活していると脳の事は考えずに生活していますよね。

しかし脳梗塞が起こった後だと脳に関する事に関心が向くと思います。

そうすると脳がどのようなことを処理しているのかを知らなくてはなりません。

例えば手足を動かす機能。ココの機能を処理している場所を詰まらせてしまうと手足が動かなくなってしまいます。

記憶を処理している場所を詰まらせてしまうと記憶する事が出来なくなってしまう。

ものごとを考える場所が詰まると物事をかんがえられなくなってしまう。

それら生きている出来事すべてに関して詰まった場所に関連します。

 

 

脳梗塞後にできなくなった出来事を明確にする

 

まず脳梗塞の後にはできなくなる事が出てきます。

いったい何ができなくなっているのか、最初のうちはわからないかもしれません。

一見普通の状況に戻ったと思われる事もあるでしょう。しかし一緒に生活していたら以前はできていたのに詰まった後できなくなっている、そういうことが出てきます。しかし本人は普通にやっていると思っている症状もあり、それらを見て補助する周りの人が必要になってきたりします。

それらの区分けとしては「聞く」「話す」「読む」「書く」がまず最初にチェックする処です。

「聞く」
単語の理解
短文の理解
口頭命令に従う

「話す」
呼称
単語の理解
漫画の説明
動作の説明

「読む」
漢字の説明
書式命令に従う
短文の理解

「書く」
計算
短文の書き取り
仮名・単語の書き取り

これらですべてではなく、もちろん他のテストを行いますが、これらがどこまでできるようになるかなどを調べます。
それで患者の高次脳機能障害がどの部分に影響が出ているのだろうとしらべたりするのです。

脳梗塞の何がどこで発症したのか、それで何ができなくなったのか、高次脳機能障害としてどの後遺症が出たのかをまずは調べてみましょう。そしてリハビリを進めることで患者によりますが症状が回復される事もあります。

まず患者さんの回復にはリハビリを進めることをお勧めします。

 

高次脳機能障害のリハビリはいったいどうしたらいいのか

高次脳機能障害をどう治せばいいのか。

これは一つ一つの症状が深く区分けされているのでそれらをたどっていかないといけません。

そしてそれはどこでリハビリするのかも。。。

 

続きを読む “高次脳機能障害のリハビリはいったいどうしたらいいのか”

まだら認知症 を参考にする事で記憶に関する知識を得る

まだら認知症

あまり聞いたことの無い症状ですよね。「まだら認知症」
ぼくもはじめて聞いた時に何のことなのかわかりませんでした。

認知症とは言え「まだら」とはなにか??

それが高次脳機能障害で困る部分である記憶についての知識を得るにはもってこいの話でした。

 

続きを読む “まだら認知症 を参考にする事で記憶に関する知識を得る”

脳を活かすにはどうしたらいいのか?

脳のリハビリはいったい何か

 

いったいリハビリとは何をすればいいのかと悩んでいる人も多いと思います。

それを掘り下げると自分が求めているモノに届かない、そう思っている人も多いと思います。

しかし、注意しないといけないのは、「周りの人はそう思っているけど、患者本人はそう思っていない・考えが回っていない」という事実も場合によってはあります。

それはどうしてか、患者が現状で満足している状況があるから、現状がどういう状況なのかわからないという事が存在します。

ではリハビリとは何か、それは患者自身が求める状況に持って行く必要を、その環境を作る事の重要性も存在します。

続きを読む “脳を活かすにはどうしたらいいのか?”

高次脳機能障害を元にもどすリハビリはどうするのか

脳に対するリハビリをどうしたらいいのか。
高次脳機能障害については様々な症状があるという事を前提に考えなくてはなりません。

高次脳機能障害は脳をどう活性化させるのかがポイントになります

続きを読む “高次脳機能障害を元にもどすリハビリはどうするのか”

並行複数作業をどう進めていくか

とつぜんこう言われたらかなりキツイです。
「アレとこれを明後日までに2段階目、5段階目まで進めてほしい。」
いわれた時点で僕はおそらくパニックになっています。並行作業記憶がうまくつかえません。。

続きを読む “並行複数作業をどう進めていくか”

作業療法士に聞いた、高次脳機能障害のリハビリ方法

妻です。
先日夫(管理人)がてんかん発作で路上で仰向けに転倒しまして、
頭蓋骨をガッツリ骨折&脳出血で1ヶ月近く入院していました。

高次脳機能にも思考力低下・処理速度低下などの異常が出ました。

入院中の様子を本人がこちらのブログに記録しているので、もしご興味がありましたらご覧ください。
>頭蓋骨骨折入院生活

退院時に担当の作業療法士の方とお話する機会があったので「脳機能を向上させるにはどんなリハビリが良いでしょうか?」と質問したところ以下の回答をいただきましたので、読者のみなさまにシェア。

1. 単純計算

100マス計算みたいな単純な計算で訓練を重ねると脳の処理速度が高まるそうです。

2.社会復帰

こちらもベタですが、会社で何らかの職務を負って、それを遂行することが一番です、とのことでした。

  • 労動を通して脳を複合的に使い、いろいろな刺激を与えること
  • やりがいを感じること

が脳に良いそうです。

夫は高次脳機能のテストの結果、記憶力の他に処理速度や臨機応変に対応する力が不足しているとのことだったので、その機能を補うために、という前提でお話してくださっています。

ご参考になれば。

高次脳機能障害 症状チェックリストまとめ

自分や家族の高次脳機能障害を疑った場合、症状の有無をどのように自己診断すればよいでしょうか。

下記の医療機関・団体が、チェックリストを公開しているので、興味がある方は一度見て見られてはいかがでしょうか。

1. 福井県高次脳機能障害支援センター

高次脳機能障害チェックリスト

2. 宮城県

宮城県版 高次脳機能障害チェックリスト(本人・家族用)

3.松山リハビリテーション病院

高次脳機能障害のスクリーニングキット

高次脳機能障害のリハビリへ 音読!

高次脳機能障害と闘っている人は
やはり脳の障害と具体的に闘っていかなくてはいけません。

まず目標は脳の動きを人並みに持って行きたい。

その一つの方法をご紹介します。

<音読を開始する!>

みなさん、子供の頃、小学校一年生のときからやっていましたよね。
小学校に行ったならやっていない人はいないと思います。

音読。

音読をすると実は脳の中ってかなり使われるんですよ。

それを知った上で音読をして見ましょう!

<なぜ音読と高次脳機能障害?>

高次脳機能障害はもちろん脳のなかにある機能がアレコレ動かなくなっていたりする障害です。

だから動かさないと人の筋肉が動かなくなったら無くなるように、

どんどん動かなくなってしまいます。

そこで必要なのは負荷をかけてあげる事。

まぁ人間なので負荷をかけると人体的反射でそこを強化しようとしてくれるんですよね。

そうすると今まで使っていた場所が使わないので冬眠していた所が動き出してくれます。

音読って意外と色々な場所を使っているんですよ。

<音読の総合効果>

音読は文章を読む、ただそれだけの事です。

しかし脳の中で色々な場所を利用しています。

まず表面の顔の部分からどこを使っているか出してみましょう。

目 → 文字を読むために目を動かします

口 → 読んだものを口から音に出します

耳 → 口から出た音がどのように出たのか聞きます

コレだけ、コレだけで色々な脳の場所が利用されているのです。

それを知るとその効果は一目瞭然で出てきます。

<脳の動き>

まず以下の流れで行われます

見る

・目の前にある文字がなんという意味なのかを判断する
・意味した言葉をどの音で出力するかを判断する

声に出す

・脳の中にある発音情報を頭の中で瞬時に引き出す
・口という器官の中にある肺と喉と舌と顎の上下を調整して脳から出てきた音を声として作り出す
・声を誰にどう向けていくのかを判断する

耳で聞く

・自分自身が出した声がどこまで何をどう出しているのかを判断する
・判断する為にはもう一度内容を脳に入れ込んでどこまで何の音が出ているかを認知する
・声の強弱など周りの状況に合わせるための調整をその時に行う

この出来事が瞬間的に頭のでループしながら行われています。
それこそ瞬間的な判断で行われるので、脳のあちこちが動的に使われていると言ってもいいでしょう。

だから最初うまくできません、僕がそうでした。
全然音読できないんですよね、頭の中のネットワークが上手く構築されてないから。
だけど、
少し少し練習をしていく、負荷をかけていく事でそれらがスムーズになってきます。
脳って良く出来ているなぁーと思わざるをえません。
負荷に対して耐性を作る事を行っています。
だからまず高次脳機能障害の脳の強化には最適です。

<では何を読むのか?>

これは正直何でも大丈夫です。
目の前にある雑誌でも良いですし、新聞でもいい、本でも大丈夫、スマホで見るサイトでもいいです。

まずは声に出す事、出す事で頭の中の様々なところを刺激し、動かす事ができます。

最初意味は理解しなくてもいいので、口から音を出す事に専念してください。

それが上手く出来るようになったら読んでいる文の意味にも注意が向けられるようになります。

その意味を理解し、なるべく一塊の意味として捉えられる事になると
言葉の使い方や、記憶力も上がってきます。

時間も一日のうちに少しで良いと思います。
さっと読めるぐらい、3分とかでも十分です。

慣れてきたら量を増やすかスピードを上げるなど行っていくとさらに良くなります。

この音読は小学校低学年ぐらい後は折角やっていたのにどんどんやらなくなってしまいます。
だから勿体無いとと思います。

ちょっとした事、ちょっとした練習を積み上げていくと頭の動きは改善されていくので、
是非進めて行きましょう~~!

  • 高次脳機能障害 リハビリ方法
  • 2016年1月14日サタデープラスで紹介されていた脳トレ!

    1月14日放送 サタデープラスの特集は「40歳から始める認知症予防」でした。

    番組内では、手を使ったトレーニング方法が放送されておりましたので、紹介します。

    <一人負けじゃんけん>

    「じゃんけんぽん」の掛け声とともに、自分の両手でじゃんけんを行い、片方は負け、片方は勝ちの状態を作ります。
    勝ったほうの手を、次の「じゃんけんぽん」の掛け声で負けになるように変えます。
    字で説明するのは難しいですね。

    具体的に書くと・・・
    1回目 左:チョキ(勝ち) 右:パー(負け)
    2回目 左:グー (負け) 右:パー(勝ち)
    3回目 左:グー (勝ち) 右:チョキ(負け)
    4回目 左:パー (負け) 右:チョキ(勝ち)

    両手を変えるのではなく、勝ったほうの手だけ変えるのがミソです。

    番組内の実演では、33才の丸山隆平さんは余裕でクリア、51才のヒロミさんはちょっと間違え気味でした。
    頭で考えることと手の動きを連動させることが脳のトレーニングに効果的なのだそうです。

    <手のひらに書かれた文字は?>

    次は、2人1組で行うトレーニングです。
    手のひらを出して、相手に文字をかいてもらい、その字を当てていきます。
    これは「感覚記憶」を鍛えるトレーニングなのだそうです。

    番組の調査では、1文字だと正答率は100%であったのに対して、
    2文字になると80%になるとのことでした。

    <歌いながら腕を動かす!>

    歌を歌いながら、右腕は上下に、左腕は円を描くように動かすというトレーニングです。
    慣れてきたら、フレーズの変わり目(たとえば2小節ごとなど)で、左右の動きを逆にします。

    これが地味に難しい!
    声をだして歌うことと手を動かすことが脳の広い範囲に刺激を与えるのだそうです。


    以上、サタプラで紹介されていた脳トレでした。
    高次脳機能障害で頭の働きが鈍くなっているかも、とお悩みの方もぜひお試しください。

    ちなみに、高次脳機能障害を患う私の夫が読んでよかった脳トレ本はこちらです。
    昔DSの脳トレをやっていたのですが、刺激が強いのかてんかん発作が出てしまうので、本でじわじわやっています。