セルトラリン:ジェイゾロフト 高次脳機能障害に利用される薬

kusuri_101lセルトラリンジェイゾロフト
通常、うつ病・うつ状態、パニック障害の治療で利用されているお薬です。神経伝達物質の脳内濃度を高めることによりその物質の神経伝達がスムーズになり、うつ状態の改善、気分を楽にするという効果が見られているそうです。

続きを読む “セルトラリン:ジェイゾロフト 高次脳機能障害に利用される薬”

精神障害者保健福祉手帳:3級の症状について

精神障害者保健福祉手帳3級は以下の状況にある場合適応されます。
等級としては一番軽い等級となりますね。

続きを読む “精神障害者保健福祉手帳:3級の症状について”

精神障害者保健福祉手帳:2級の症状について

精神障害者保健福祉手帳2級の説明が以下になります。
1級に似ているようで少し違う感じですね。もちろん3級とは違います。
続きを読む “精神障害者保健福祉手帳:2級の症状について”

精神障害者保健福祉手帳:1級の症状について

精神障害者保健福祉手帳のまず1級の説明はコチラになります。
どのような程度の事なのかを把握しましょう。

続きを読む “精神障害者保健福祉手帳:1級の症状について”

ロセナン:ブロナンセリン 高次脳機能障害に利用する薬

kusuri_101lロセナンブロナンセリン、どうしても統合失調症と被ってしまうのですが、実際に利用されている薬という事で紹介致します。

ですが薬というのは特に精神に関わる病気の場合一人ひとり配合とバランスが違いますので、合う合わないは大きく違いますよね。お医者さんもそこは時間をかけて手探りでやっているでしょう。

続きを読む “ロセナン:ブロナンセリン 高次脳機能障害に利用する薬”

ルーラン 高次脳機能障害に利用される薬

kusuri_101lルーランは抗精神病薬として利用されているお薬であります、やはり精神病は脳内での出来事ですので抗精神病薬とは切り離せません。その中で利用されているこのルーランの特徴を上げていってみましょう。

続きを読む “ルーラン 高次脳機能障害に利用される薬”

ヒルナミン:レボメプロマジン 高次脳機能障害に利用されている薬

ヒルナミンという名前で一般的には知られているお薬です。このお薬は鎮静作用が強く、他の抗精神病薬と同じく脳内の混乱を避けるために利用されているそうです。精神状態を安定に持っていく為に利用するお薬ですね。

続きを読む “ヒルナミン:レボメプロマジン 高次脳機能障害に利用されている薬”

セロクエル: クエチアピン、高次脳機能障害にも利用される薬

kusuri_101l
結構一般的にはセロクエルという名前で通っている事が多いコチラの薬、抗精神病薬として処方されている場合がありますが、これも高次脳機能障害への対応に利用されています。

続きを読む “セロクエル: クエチアピン、高次脳機能障害にも利用される薬”

バルプロ酸、デパケン:高次脳機能障害の人にも処方される薬

kusuri_101lバルプロ酸デパケンというのは名前は違いますが要は同じ働きをする薬です。これは一般的にはうつやてんかん等の患者さんにも処方されるそうですが、もちろん脳への効能が高次脳機能障害にも作用してくれるというらしいです。

続きを読む “バルプロ酸、デパケン:高次脳機能障害の人にも処方される薬”