高次脳機能障害のリハビリはいったいどうしたらいいのか

高次脳機能障害をどう治せばいいのか。

これは一つ一つの症状が深く区分けされているのでそれらをたどっていかないといけません。

そしてそれはどこでリハビリするのかも。。。

 

続きを読む “高次脳機能障害のリハビリはいったいどうしたらいいのか”

高次脳機能障害とはどうしたらわかりやすいのか

 

高次脳機能障害と初めて聞いた時、

「なんだそれは?」と思った人が多いのではないでしょうか。

障害って事はわかるけど、高次脳機能っていったい何??

そう思われている人も沢山いらっしゃると思います。

それをどうにか簡単に説明してみましょう。

 

続きを読む “高次脳機能障害とはどうしたらわかりやすいのか”

まだら認知症 を参考にする事で記憶に関する知識を得る

まだら認知症

あまり聞いたことの無い症状ですよね。「まだら認知症」
ぼくもはじめて聞いた時に何のことなのかわかりませんでした。

認知症とは言え「まだら」とはなにか??

それが高次脳機能障害で困る部分である記憶についての知識を得るにはもってこいの話でした。

 

続きを読む “まだら認知症 を参考にする事で記憶に関する知識を得る”

平行複数作業の難しさをどう対処していくか

同時並行作業と記憶の重大さ

 

記憶障害を持つ方であれば良くわかると思いますが、
記憶障害があることであれもこれもと同時並行作業が難しい事があります。

複数記憶の保持が難しいのがもちろん原因ですね。

もともと男性は記憶の複数所持が苦手だともいわれますが、

続きを読む “平行複数作業の難しさをどう対処していくか”

脳を活かすにはどうしたらいいのか?

脳のリハビリはいったい何か

 

いったいリハビリとは何をすればいいのかと悩んでいる人も多いと思います。

それを掘り下げると自分が求めているモノに届かない、そう思っている人も多いと思います。

しかし、注意しないといけないのは、「周りの人はそう思っているけど、患者本人はそう思っていない・考えが回っていない」という事実も場合によってはあります。

それはどうしてか、患者が現状で満足している状況があるから、現状がどういう状況なのかわからないという事が存在します。

ではリハビリとは何か、それは患者自身が求める状況に持って行く必要を、その環境を作る事の重要性も存在します。

続きを読む “脳を活かすにはどうしたらいいのか?”

生活の上でどうやって生活していくのか

環境を見出す事から始める

 

高次能機能障害は突然やってくる事があります。

それは事故や病気など普通の生活をしていたらやってきます。

そうすると今の自分の行動や脳機能と合わない状況を作ってくれます。

自分のこれまで普通と思っていた出来事、当たり前にあった現実に

全く別の自己環境状態を提供してくれます。

そしてそれをどうしたらいいのか、それが患者さんが最初に当たる出来事です。

続きを読む “生活の上でどうやって生活していくのか”

何かをやるとしたらスタートとゴールを明確にする

高次脳機能障害で一番ポピュラーなのはやはり記憶関連の障害であり、それが通常生活に大きな影響を与えてしまいます。

それは普通の人が覚えている事、それが覚えられなかったり、すぐさま忘れてしまうからです。
僕自身もすでにその状況となっており、覚えたと思った後に思い出せと言われたら思い出しきれません。
そう言う人にはどうしたらいいのか、、、そう悩んでいらっしゃるご家族の方も多いのではないでしょうか。

これはですね、周りの人に多くの迷惑をかけているけど、患者自身がどうしたらいいのかわかりません。

なぜなら記憶の保持ができないから。

記憶と言ってもなんの記憶なのか、それが問題でもあります。

行動する上で一番シンプルなのは「スタート」→「ゴール」

自分が今現在どこにいて、そこからどこへ向かっているのか。

普通の人なら当たり前に思えることがソモソモ出来てないのです。

続きを読む “何かをやるとしたらスタートとゴールを明確にする”

高次脳機能障害を元にもどすリハビリはどうするのか

脳に対するリハビリをどうしたらいいのか。
高次脳機能障害については様々な症状があるという事を前提に考えなくてはなりません。

高次脳機能障害は脳をどう活性化させるのかがポイントになります

続きを読む “高次脳機能障害を元にもどすリハビリはどうするのか”

高次脳機能障害が怪我で追加されてしまったらどうするか

頭を強くぶつけると増えてしまう

やはり頭を強くぶつけてしまうと簡単に増えてしまいます。
それはぶつけた強さ、ぶつけた場所によって違ってくる事にも注意しましょう。
その強さが脳出血レベルだとしたらそれはかなり強くぶつけてしまっており、高次能機能障害が増えているのは避けられません。

それをどうするか。。。

続きを読む “高次脳機能障害が怪我で追加されてしまったらどうするか”

並行複数作業をどう進めていくか

とつぜんこう言われたらかなりキツイです。
「アレとこれを明後日までに2段階目、5段階目まで進めてほしい。」
いわれた時点で僕はおそらくパニックになっています。並行作業記憶がうまくつかえません。。

続きを読む “並行複数作業をどう進めていくか”

記憶障害のリハビリに、認知症の治療法が参考になる

色々な出来事を把握するにはどうしても記憶が必要になります。

しかし、高次脳機能障害の治療の中で記憶疾患をピンポイントに治療するというのはまだまだ治療方法は足りないと思います。

それは高次脳機能障害が様々な症状と重なって出るから。

そこで認知症の治療方法からヒントをえて進めるのも一つの手段だと思います。

まず認知症についてはかなり前から治療方法が研究されています。
研究の中で記憶にもちろん記憶の部分や、
記憶と関連する行動がどうやれば改善して行けるのかをもちろん研究されています。

だからそれをまず洗い出してみましょう。

そう認知症の症状は一つでは無いんです。

記憶の症状改善は認知症の治療でも勉強になる

認知症は、生きている上で必要な認知機能が障害等で困難になり、社会生活、そのルールをしっかりと把握できずにいる病気を総称したものです。

代表的な疾患としてよく言われるのがアルツハイマー型認知症ですが、他にもさまざまな種類の症状がありなかなか知られていません。

しかし、それらの症状情報は脳に関わる事なのでおさえる必要があると思います。

それが以下の症状です。